愛犬を癌の脅威から守ろう|病院で定期検診を受けるのが効果的

女の子

犬が欲しいときは

チワワをブリーダーから買うときは、信頼関係を築き上げることが重要です。空いた時間に対応してもらうことになるため、時間がかかっても良い犬が欲しいというときに利用しましょう。仲良くなっておけば飼育に関するアドバイスを購入後にしてもらうこともできるので、ブリーダーとの絆を深めてから買うようにしてください。

かかりやすい疾患上位

身体の表面を覆う皮膚は、ペットがかかりやすい部位ともいえます。特に犬に関しては、皮膚病はかかりやすい疾患の上位を占めているとされているのです。皮膚病といっても、脂漏症や糸状菌症、アレルギーやアトピーなど様々な要因があります。食事を見直すことで症状が改善されることも多いので試してみましょう。

ペットを病気から守るには

獣医と犬

死亡率の高い病気

人間と同じように犬も高齢になるほど病気の発症率が高くなってきます。その病気の中でも多くの高齢犬が命を失う原因の一つが癌です。癌は異常細胞が増殖して悪性腫瘍となり、これが体に様々な悪影響を与えます。癌は進行すると血液やリンパの流れにのって体のあちこちに転移する厄介な病気です。犬の癌の原因の一つには年齢が関係しています。高齢になると免疫力が低下して体力も落ちてきます。そのため癌の原因となる、ある種のウィルスなどの攻撃にも弱くなってしまうのです。また紫外線やノミなどの害虫駆除に使われる化学物質なども癌の原因となることもあります。そのほかに紫外線や遺伝、ストレスなどにより癌を発症するケースも見られます。犬の癌を予防するには定期的に動物病院で健康診断を受けることが大切です。また普段から食事管理をして高品質のたんぱく質や野菜、良質なドッグフードなどを与えましょう。また亜麻仁油など不飽和脂肪酸も癌予防には役立ちます。穀物類など炭水化物は糖に変化して癌が増殖する原因となるためなるべく与えないようにします。そのほかに適度な運動も血液の流れをよくし免疫力を上げるのに役立ちます。十分な睡眠をとらせることも病気予防は大切です。最も大切なことは犬の様子を普段からしっかり見守りどんな些細な変化も見逃さないようにすることです。いつもより元気がなくなり、発熱や下痢など体調に変化があればすぐにクリニックで診察を受けましょう。

様々なタイプがあります

犬に多い病気のひとつに皮膚病があります。その種類も様々なものがあり、対策も症状によって変わってきます。皮膚病の対策としてはシャンプーで清潔に保つ、薬の塗布、食事の切り替え、免疫力の強化などがあげられます。