愛犬を癌の脅威から守ろう|病院で定期検診を受けるのが効果的

犬

様々なタイプがあります

ドッグ

症状に合う治療を行う

犬にも色々な病気がありますが、皮膚にトラブルが起きたり、抜け毛が増える皮膚病も多い病気のひとつです。犬の皮膚病は一種類だけではなく、様々な種類があり、それぞれ対応策も変わってきます。治療では塗り薬などが処方されることが多いですが、まずはどのような皮膚病であるのか見極め、それぞれに応じた治療で対策していきましょう。犬の皮膚病のひとつにマラセチア皮膚炎があり、常在菌であるマラセチア菌が何等かの原因で活発化することでフケやかゆみなどの症状が出るようになります。この場合はシャンプーを切り替える、フードを変えてみるなどの対策が必要となります。犬の皮膚病では皮膚糸常勤症と呼ばれるものもあり、こちらはかゆみのない円形の脱毛ができ、広がっていく病気です。治療方法は抗真菌薬の利用や皮膚を清潔に保つシャンプーが効果的です。人にも感染する可能性がありますので、感染を防ぐためにも掃除はまめに行いましょう。さらにアレルギー皮膚炎も多くのペットが悩む症状のひとつで、ノミやダニ、食べ物などが原因で起こります。この場合はノミやダニの駆除をしっかり行うこと、食べ物が原因している場合はフードを切り替えてみるなどで対処してみましょう。アレルギー性皮膚炎が慢性化するとアトピー性皮膚炎になることもあり、激しいかゆみ、湿疹などが起こるようになります。犬の皮膚病は免疫力が低下していることで起ることもありますので、病院での治療はもちろん、腸内を健康に保つなど免疫力を高めることも考えたいところです。